FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Modeler's EXPO.2012 行ってきました

大阪南港のATCで開催されているModeler's EXPO.2012に行ってきました。

皆さんも是非足を運んで、
屈指のモデラーの手による神業の
数々をご自身の眼で確かめましょう

スケール感を出す工夫とか質感、使い込まれた風合の出し方、
繊細な造形など、生で見ないと味わえないと思います。

私のレポートはかなり偏っています。
本当は、もっと沢山のモデラーの皆さんと作品をご紹介
するべきですね。ほんの一部分だけのご紹介ですみません。

ATC.jpg


到着したのが13:10頃で、どろぼうひげさんの電飾レクチャーは始まって
いましたが、なんとか拝見する事が出来ました。
非常に分かり易い解説と実演でどろぼうひげさんのお
人柄がにじんでいてよいレクチャーでした。
 
どろぼうひげさん 初レクチャーお疲れ様でした。
気さくにお話しして頂きありがとうございました。

※写真、解説(感想)等の削除、訂正がございましたらご連絡お願い致します。
朝も昼も食事抜きで会場に急いだため、展示作品をさっと見て
廻っただけで目眩がしてきまして、一旦食事休憩後また会場に
舞い戻りました。

どの作品ももの凄い出来映えで、睨んでいる内に頭痛がするほど
眼と頭にに力が入ってしまいました。

どろぼうひげさんの展示も他のモデラーさんの作品も凄すぎて
写真を撮る余裕がありませんでした。
撮っても全く実物の良さが分からない写真ばかりなので、
ほんの数枚だけアップさせて頂きます。

先ずは、どろぼうひげさんの”ぐーちょきぱん店” 店番のキキです。
小さな窓から中を覗くと店番のキキが居ます。
マッチ棒の先ほどの大きさでしょうか。
キキ店番

アルカディア号のキャビンもブログで拝見するより更に
繊細に作り込まれている事がわかりました。
実に格好良く、エンジンに仕込まれた電飾による噴射の
再現も素晴らしいものでした。
アルカディア
それにエンジン音付きなので、その世界に入りやすいですねぇ。

その他、超絶DethStar2や、スピナーのディオラマには
ギャラリーから「どうやって造ったんだろう?」
「すごー!」って声が絶えませんでしたね。
ネオンサインとかディスプレイ、パトランプには皆さん興味津々。
こちらもやはり実物は超絶!
あんなに綺麗に発色するものなのですね。


アラーキーさんの”眠れる白獅子/ホワイトベース”
WhiteBase.jpg

プラ板でスクラッチされた艦内で整備される二機の機体。
帰還したばかりの兵器は間髪入れずに整備される。
次の戦いに投入さるるため。。。(勝手な解釈です)
荒木さんWhiteBase002

番犬?
こういう遊び心素敵ですね。
荒木さんWhiteBase004

アラーキーさんが錆作例のため2時間位でぱぱっと仕上げた
ビガジュヴ〜(錆ぴかちゅう)。
錆ぴか
あぁ、ぴかが放置されて錆さび〜・°°・(>_<)・°°・。

”錆を連想しないようなものを錆びさせるのが腕と表現”
(アラーキーさん談)だとか。。。
しかし、ぴか応援サイトの管理人としては 
泣きます。。。(・_・、)可哀想でぇ。。。

アラーキーさん、展示コーナーでも実演コーナーでも
さくさくと質問に答えてらっしゃいました。
流石、トーク行けてますね。24(土)、25(日)とトークショー
があり、司会されるそうです。
私は仕事で行けなくて残念です。

あにさんの”Cenote”
西林さんコアファイター001
生で拝見出来て良かった〜。
感動感激感謝!!!です。
被弾してから着水までのシーンも見えてきそうな生々しさです。
セイラさんの仕草と言い、水の質感と言いこれを見ないと損って
作品です。アートの域を脱して、もはやもう一つの現実。

この辺りの感じがなんかリアルですね。
西林さんコアファイター002
乾きはじめた機体のムラとセイラさんの表情(しぐさ)で
強烈な太陽の光までも感じ取れます。

友情参加のDoraさんの”At the time of End Berlin 1045 May”
ヘンシェル砲塔のKingTigerです。
DoraさんTiger2-001

この造り込み、この表情、1/144の限界を大きく超えていますね。
見れば見るほど、詳細に再現されています。
なんか、超ミニチュア模型にしか無い色気(上手い表現みつからない)
が感じられる作品です。
DoraさんTiger2-002

なんともいえません。
DoraさんTiger3-003
開かれたハッチの内側にはハンドルやレバーまで再現されています。
この作品には(隣のドイツ機も)拡大鏡が置かれていて、拡大
して見る事ができます。
とにかくもの凄く小さくてとてつもなく強い引力を持った
作品です。

入場者で気になったのは、おっさんと小学校の低学年位の
お子達とそのお母さんらしき人達しか目に付かなかった事です。
自分が一番模型造っていた中学、高校生位のギャラリーが
居なかった。。。まあ、おっさんのひとりがこの私ですが。




tag : モデラーズエキスポ モデスポ

コメントの投稿

非公開コメント

英検2級単語ドリル


FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

pikapy

Author:pikapy
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。